ポンド通貨

https://kaigaifx-details.com

iFOREX 時事ネタ 海外FX業者

米国・ISM非製造業景気指数7月が発表後のドル円とポンドドル

 

8月4日、23:00に米国・ISM非製造業景気指数7月が発表され、予想60.5に対し結果は64.1と+3.6でした。では、iFOREXトレーダー達に人気があるドル円とポンドドルの動きを見てみましょう。

ちなみに関係ないですが、仮想通貨の爆上がりでiFOREXの口座開設が増えているそうです。気になる方は、チェックしてみて下さい。

 

iFOREXの特徴

  • 最大レバレッジ400倍
  • ロスカットレベル0%(証拠金が0円になるまで勝負可能)
  • ゼロカットシステム(追証なし)
  • 完全日本語サポート
  • 2018年より変動スプレッドを採用
  • iFOREX独自の取引ツールを採用(MT4・MT5利用不可)
  • 初回入金100%ボーナスあり
  • 3%利息ボーナスあり
  • お友達紹介ボーナスあり

 

iFOREXの公式サイトはこちら

iFOREXのIB登録はこちら

 

 

ドル円の展開

 

一時、ドル円は108.728から109.608まで上昇。一点して、ドルが買われる展開となりました。朝方は、ADP雇用統計が予想外に弱い内容となったことでドル売りが強まる展開を見せつけていましたが、流石、瞬時にポジションを入れ替えるこの身のこなしは参考にしなければなりません。

 

ドル円

 

ポンドドルの展開

 

皆んな大好きポンドドルはと言うと、一時、1.39582から1.39009まで下落。ISM非製造業景気指数が予想を上回ったことをきっかけにドルの買い戻しを強める展開となっています。どこからともなくトレーダー達の声が聞こえてきます。

「割れるぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ」

「もう何もかもおしまいや 」

「そろそろロングしとこか」

「これで1.39割れないってことは1.4触りたいのかもしれない(という希望的観測)」

1.39000を割るのか、それともここからロングをポジるのが吉と出るのか。

 

ポンド

 

週末の米雇用統計への期待感も高まりますね。

 

iFOREXの公式サイトはこちら

iFOREXのIB登録はこちら

 

公式サイトはこちら⇨TAITAN FX
公式サイトはこちら⇨HotForex
公式サイトはこちら⇨XM
公式サイトはこちら⇨GEMFOREX
公式サイトはこちら⇨Bitterz
公式サイトはこちら⇨IS6FX
公式サイトはこちら⇨Traders Trust
公式サイトはこちら⇨LAND FX
公式サイトはこちら⇨FXGT
公式サイトはこちら⇨AXIORY  
公式サイトはこちら⇨BINANCE
公式サイトはこちら⇨iFOREX

-iFOREX, 時事ネタ, 海外FX業者
-, , ,

© 2021 海外FXブログ〜ハイレバトレード〜 Powered by AFFINGER5